海外発生活文化旅行情報: フィリピン

2010年05月09日

フィリピン

===PR===
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
★ESET Smart Security は「ウイルス対策ソフト 満足度調査」で堂々1位!
いずれのウィンドウズ7のバージョンにおきましても対応済みです
USBメモリウイルスの感染にご注意を!

USBメモリウイルスの感染にご注意を!

===PR===

ここはアジア経済ビジネス情報を掲載しています。その他世界のトピックニュースは下記でご覧ください
情報Today,国内海外トピックニュース,海外トピックニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピンのLCC セブ・パシフィック航空
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨今、日本でも格安航空会社(LCC=Low Cost Carrier)が話題になっておりますが、フィリピンにもセブ・パシフィック航空と言うLCCがあります。

今回は、このセブ・パシフィック航空で帰国してみようと言う事です。以後、文中では省略して「セブパシ」と表記させて頂きます。実は、私は、セブパシには一回も乗った事は無いのですが、妻がセブやサンボアンガへ行く際に良く利用しておりまして、私は空港の送り迎え専門でした。

その時の感想は、迎えに行った時、到着時間が遅れる事が結構ありまして、一番ひどい時は、5時間遅れと言うのがありましたので、ターミナル内のソファで待ちくたびれた記憶があります。

もう一つ問題がありまして、それは、マニラー関西空港間しか飛んでいないと言う事です。横浜の実家へ行く私としましては、本来、成田か羽田で無いと都合が悪いのですが、それは、ネット上で調べました結果、国内線に乗り継ぐ事で、理論上、可能である事が判明致しました。それでは、ここまでして、何故、セブパシに乗ってみようと思ったかと言いますと、やはり、価格の安さです。

私は、3月末にチケットを購入した訳ですが、今回、妻と二人と言う事で、飛行機代+燃油サーチャージ+税金込みで、二人で、P23,000.-(その時点のレートで約46,000円)でした。

ただ、注意点としましては、セブパシのようなLCCは全て同じであると思いますが、安いチケットを購入しようと思ったら、バーゲンセールを見逃さないと言う事であると思いますし、迷わず、即買いしないとすぐ売り切れます。

この手の航空会社は、定期的に、バーゲンセールをやりますから、常にHPをチェックしておく必要があると思います。

「自分は、時間的余裕が無いので、そこまで出来ない」と言う方は、特に、大阪便の場合は、少なくとも、ご自分が乗機したい日の2〜3ヶ月前にチケットを購入された方が良いと思います。時期にも因りますが、1ヶ月前くらいですと価格が上昇し、乗機予定日に近付くほど急騰する傾向がありますので、注意が必要です。

従いまして、本当に安い航空券を入手しようと思ったら、それなりに手間は掛かると言う事です。

次に、最大の問題であります国内線の乗り継ぎです。セブパシは、週3便火木日で、マニラ発14:00で関空着18:35です。

そこで、時間通り到着した場合、その時間帯の関空発羽田行きは、ANA150(関空発21:20羽田着22:30)か、JAL192(関空発21:05羽田着22:15)か、もしくは、JAL194(関空発22:10羽田着23:20)ですが、私の場合、羽田からYCAT(横浜シティーエアターミナル)まで空港バスに乗車します関係で、これですと最終バスに間に合わない可能性がありますので、JAL194は却下です。そこで、たまにはANAに乗ってみるかと言う事で、ANAにしました。

しかしながら、そのような計画も、セブパシが大幅に遅れたりすると「全てがパー」になってしまいますと言うか、「天国と地獄」のような違いですので、それだけが心配です。

従いまして、一応、大阪便の関空の到着時間をチェックしておりますが、これが、驚く事に、かなり高い確率でオンタイムを達成しております。ここ2ヶ月ほどで一番遅れた便でも20分遅れでして、それ以外は、ほとんどの便がオンタイムか、10〜20分早いのです。

これは、かなり予想外でしたが、冷静に考えると、マニラからの到着便を清掃して、すぐ、マニラへ帰る便として利用する訳ですから、どう考えても遅れては、まずいと思いますし、「セブパシの大阪便は良く遅れる」などと言う噂が広がってしまうと乗る人も激減すると思いますので、一生懸命やっているのだと思います。

次に、関空─羽田間の飛行機代ですが、ANAの「スーパー旅割」で、一人往復\17,600.-でした。最初、「こんな安かったっけ?」と思いましたが、予約の2ヶ月前ですと、この価格で購入できるのです。次に、実家への到着時間を考えますと、JALの午後便で成田経由ですと、大体、家に到着するのは、夜10時半前後で、今回、関空経由で順調に行った場合、夜11時頃に到着予定ですので、時間的な差は、ほとんどありません。とにかく、成田─YCATの1時間半のリムジンバスは、もの凄く長く感じますので、羽田─YCATの20分は助かります。

次に、価格の比較ですが、JALの場合、二人ですと、約US$1,300.-(約122,200円)ですが、セブパシ+ANAですと、46,000円+35,200円=81,200円ですので、飛行機代だけで、約4万円ほどの差がありますが、更に、空港からのリムジンバスの料金がありますので、実際の差額は、それ以上です。まだ、乗っていないので何とも言えませんが、また、乗ってみた感想などをお話したいと思います。

* セブ・パシフィック航空に関するブログ
 http://blog.excite.co.jp/naoterada/11546611/
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%BC%E5%AE%89%E8%88%AA%E7%A9%BA%E4%BC%9A%E7%A4%BE


-----PR------
ネット限定商品 ランキング掲載中
オンラインシヨッピイング,Jugemシヨッピイング

携帯シヨッピイング
moba8shop,シヨッピイングニュース,ポケットシヨッピイング,リアルマーケット

DMM成人編では2次元作品フロアが統合して「2次元」フロアがオープンしました!
同人誌、コミック、ゲーム、アニメ、AKB48等の番組利用法を掲載中
DMM番組情報(一般編),DMM番組情報(成人編)

りさーち東京のシヨッピイングニュース(携帯),DMM携帯編

情報商材はあなたのビジネスや生活の悩みを解決します !
情報商材マニュアルストアseesaa,りさーち東京の情報商材マニュアルストアFC2

教育語学資格,健康について

携帯でも売れてます

携帯(PC&携帯)
りさーち東京の情報商材,ギャンブルで金儲け,知恵袋携帯版

知識爆発 ! 無料レポート,オンラインBooks ! 無料レポート

ネット専用結婚紹介ラブサーチが男女共用になりました(6/30迄)

出会いのラブサーチ
マイルが貯まる出会い


ラブサーチは優良プロバイダーが運営していてダントツのペア成立数があります
出会いのラブサーチ
★《18歳以上限定 ラブサーチ》で彼氏&彼女を見つけよう★


国内、海外在住の18才以上の男女が登録ご利用できます
出会いネット(PC) ,shoppingnews(携帯) ,あやこの携帯moba8
-----PR------




posted by りさーち東京 at 15:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | フィリピン
結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】
CD&DVDネットレンタル通販ブロードバンドのDMM 獏組情報

2010年03月12日

フィリピン

--PR--
ビデオ動画10万本突破!
インターネット生中継 時々やってます
DMM番組情報(一般編),DMM番組情報(成人編)

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
USBメモリウイルスの感染にご注意!
32bit/64bit,Windows7対応
ウイルス対策ソフト 満足度調査(アスキー)で堂々1位!
3人に1人がダウンロードしてます
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!

★ESET Smart Security は「ウイルス対策ソフト 満足度調査」で堂々1位!
アスキー総合研究所の「ウイルス対策ソフト 満足度調査」でも総合満足度でトップとなりました!
・ウイルス対策ソフト満足度調査
http://cc.ecstudio.info/c.p?02bXYJM8jbC

ESET Smart Security はおよそダウンロード3人につき、1人が購入しています

(アンチウイルスWindows7に対応)
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト


(Seo Reseller)
20種類以上のSEO対策ツールを自社サービスとして提供可能
20種類以上のSEO対策ツールを自社サービスとして提供可能


(リンクスタッフ募集)
80,000名のウェブマスター様に認められ、信頼されているリンクスタッフシステム
報酬還元率が高く、サービスの内容も充実していますので、売上が上がりやすい
報酬が加算,1クリック10円,月末〆翌月末メルマネ送金
80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトサービス

80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトサービス


アマゾンキャンペーン中 全品配送料金無料


Javari.jp 最大50%OFFのThanks SALE本日スタート!
Thanks SALE
この秋に1周年を迎えるJavari.jpでは、本日より「Thanks SALE」がスタートしました!
パンプスにブーツ、ビジネスシューズからスニーカーまで、今買ってすぐに使える秋冬アイテムが最大50%OFFの割引率でプライスダウン。人気ブランドの掘り出し物が満載です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、日本の天気予報を見ておりますと、寒暖の差が非常に大きいように思いますが、こちらフィリピンは、ようやく平年並みに暑くなって参りました。しかしながら、今年は、水不足でして、電力会社が地域別に2時間の(計画的な)停電を行うなどしております。最近のフィリピンの電力事情については、Meralco(メラルコ電力会社)のHPの中の「News and Updates」の中に書いてありますので、興味のある方はご参照下さい。

実は、3月初めの計画的な2時間停電について、前もって日本大使館の方からメールを頂いておりまして、メラルコのHP上で、「何日の何時から何時は、どこの地域が停電である」と言う詳細な表が作成されておりました。これは、あくまでも私の印象ですが、かつては、メラルコと言うと殿様商売の代表格のような感じで、非常に対応が悪く、そのくせ電気代は非常に高いと言うイメージがありますし、この国の役所と同様、古い巨大企業は往々にして隠蔽(いんぺい)体質ですので、そのように停電のスケジュールを詳細に知らせてきたりすると、逆に、違和感を覚えます。
しかしながら、隠蔽するより公表した方が良いに決まっているので、この事実は、フィリピンが多少なりとも発展している事の一つであると受け止めております。

次に、話は変わりますが、フィリピンでは、SM(シューマート)やロビンソンなどの大きなショッピングモール内のスーパーマーケットで買い物をするとビニール袋に入れてくれます。これは、日本で言うところの「レジ袋」と言う物で、当たり前の事なのですが、こちらでは、2〜3年前位から「Biodegradable」(生物分解性の〜)の袋になっております。つまり、そのまま土に埋めても時間の経過と共に土に戻ると言う袋でして、これは、小売店業界的にはコストが高いそうですが、こちらでは積極的に採用されております。ただ、その採用理由の一つとしましては、フィリピンのゴミ処分事情と言う事がございまして、一般的には、日本のように分別では無く、一種類のゴミ収集車がゴミ集積地にゴミを運搬して、そこへ捨てると言うケースがほとんどです。

従いまして、普通のビニール袋ですと土壌汚染も起こりますし、有害ガスなどが出てきて大問題になる可能性がありますので、ショッピングモール側が早く手を打ったと言う事であると思います。先ほどのスーパーの話ですが、「エコ意識」と言う物も少しずつではありますが、浸透してきているように思います。スーパーのレジの横には、オリジナルのエコバッグが売られているのを良く見かけます。更に、ショッピングモールのトイレの話ですが、男性用トイレ(小)は、ここ数年で、ほとんどが、「Water free」(水を流さない)タイプのトイレになっております。私は、これが不思議だったのですが、どうやら便器の形状と特殊コーティングにより小便が付着しにくいと言う事のようです。

次に、スーパーで売っている食料品の話です。私事で恐縮ですが、私は、朝食時、魚の缶詰めを時々食べるようになりました。それは、ここ数年の日本人の健康志向により、日本のテレビで魚の缶詰めが体に良いと言う事を知ったからです。
実は、私は、以前は、こちらの缶詰めなどは、自分の誤った潜入観により敬遠していたのですが、何種類か食べてみると、これが結構おいしくて非常に安いのです。一番スタンダードな物でP11〜13(\22〜26)です。私は、個人的には、「Mega(メガ)」と言うブランドが好きです。更に、驚いた事は、かなり早い時期に、缶詰めのラベルに「Omega3(オメガ3)」と入れていた事です。つまり、この缶詰めには、オメガ3脂肪酸が含まれていますと言う事です。
「オメガ3脂肪酸」につきましては、ネットで検索しますと、いろいろ出てきますので、ここでは省略させて頂きます。

話を戻しますと、フィリピンと言うと、一見すると食品関係においても、いい加減なイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような事は無くて、FDA(食品医薬品局)は、アメリカのそれに準じておりますので、むしろ厳しい部類に属すると思います。フィリピンも少しずつ発展していると言う事は、日常生活においても実感するところですが、国全体で見ますと、良いか悪いかは別として、やはり、一部の財閥や華僑などの大富豪が国を動かしていると言う印象は否めません。


◇──────────────────────────◇
Imperialcasino (Various kinds of languages)
English,Chinese1,Chinese2.Italy,Indonesian,Korean,Arab
Excite,FC2

Everest Poker (Various kinds of languages)
English,Chinese1,Chinese2.Italy,Korean
FC2

Everest Casino (Various kinds of languages)
English,Chinese1,Chinese2.Italy,Korean
FC2

インペリアルカジノ 今月のイベント
http://casino9eva.blog62.fc2.com/
http://onlinegamecasino.seesaa.net/
インターカジノ 
数々のカジノソフト賞をうけています 
利用者も多く国際的なアクセスがあります
http://intercasino.seesaa.net/

◇──────────────────────────◇
ギャンブルマニュアル
携帯でも売れてます

携帯&PC
りさーち東京の情報商材

◇──────────────────────────◇
(ビジネスプラン)
"日給8万円情報"のおずさんも使いその効果で検索エンジン上位にヒットされ、おずさんのメルマガでも紹介されました

導入実績NO.1のインターネットで完結するWebコンサルティングサービス
導入実績NO.1のインターネットで完結するWebコンサルティングサービス


多数の成功者を出した"日給8万円情報"

ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る図解と動画による手順マニュアル−岡崎よしあき(おず)


(パーソナルプラン)
20個以上のSEO対策ツールが1,980円で使い放題!
20個以上のSEO対策ツールが1,980円で使い放題!



-------PR-------
テレビCM中のDMMの番組案内は下記からお入りください
DMMの番組利用法やキャンペーン
(アニメ、コミックやゲーム、映画、CD&DVD案内等)を掲載中
一般編,成人編,一般編Jugem

PCシヨッピイングサイトは
seesaaでシヨッピイング,美容と健康オンラインシヨッピイング,ネットショップamazon

婚活コミュニティ
りさーち東京の婚活情報,(携帯)moba8comunity,(携帯)シヨッピイング情報,(携帯)結婚情報 

 結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】

クリスマスファッションや売れ筋の電子タバコ、グッズなどハピネス商品、ランキング20
Enter↓携帯
りさーち東京のリアルストア

新規コンテンツ続々追加
携帯シヨッピイングのmoba8はこちらからお入りください

(携帯)男と女のダイエット(全ポイントバックOK),(携帯)moba8news,求人携帯サイト

キヤッシング速報には面白いコンテンツも追加しました
オークションをされたい方携帯モバオクへどうぞ
光ファイバーを超える高速回線や携帯からのエステ体験、借金解決は
ケータイシヨッピイング情報へどうぞ
ここしかない携帯シヨッピイング独占コンテンツ情報をご利用ください
りさーち東京の携帯シヨッピイングNEW

求人
りさーち東京の求人情報
求人(携帯)
お仕事を探している方
ハローワークではなかなか見つかりません
月収50-100万円なら↓の稼ぎ方もできます
稼げる求人情報
------PR-------



posted by りさーち東京 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン
結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】
CD&DVDネットレンタル通販ブロードバンドのDMM 獏組情報

2009年11月23日

フィリピンってどんな国 ?

USBメモリウイルスの感染にご注意!
32bit/64bit,Windows7対応
ウイルス対策ソフト 満足度調査(アスキー)で堂々1位!
3人に1人がダウンロードしてます
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!

★ESET Smart Security は「ウイルス対策ソフト 満足度調査」で堂々1位!
アスキー総合研究所の「ウイルス対策ソフト 満足度調査」でも総合満足度でトップとなりました!
・ウイルス対策ソフト満足度調査
http://cc.ecstudio.info/c.p?02bXYJM8jbC

ESET Smart Security はおよそダウンロード3人につき、1人が購入しています

(アンチウイルスWindows7に対応)
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト


(Seo Reseller)
20種類以上のSEO対策ツールを自社サービスとして提供可能
20種類以上のSEO対策ツールを自社サービスとして提供可能


(リンクスタッフ募集)
80,000名のウェブマスター様に認められ、信頼されているリンクスタッフシステム
報酬還元率が高く、サービスの内容も充実していますので、売上が上がりやすい
報酬が加算,1クリック10円,月末〆翌月末メルマネ送金
80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトサービス

80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトサービス


◇──────────────────────────◇
フィリピンってどんな国

今日は、「フィリピン・ロングステイや移住において、前持って知っておきたい事」と題して、お送り致します。

私は、フィリピンに住み始めて、現在、9年目ですが、その間、いろいろな事がありました。皆様も、知らない土地へ行って、もし、8〜9年住んでみたら、いろいろな事があるであろうと言う事は、容易に想像出来ると思います。

その間、私が、見たり聞いたり、感じた事の中から、いくつかご紹介したいと思います。例えば、Aさんと言う日本人の方が、いろいろ調べられて、4〜5回目にフィリピンへ移住されたとします。私自身の意見としましては、条件付きと言いますか、子供さんの家でも、ご兄弟の家でも何でも良いのですが、とにかく、帰国した時、気兼ね無く過ごせる家(部屋)を確保するべきでしょうと言う事で、私は、それがクリヤー出来る方は、いつ移住されても良いと思います。

しかしながら、現実はと言うと、移住される方の中には、ご自分で日本の社会に適応するのは難しいと判断し、日本を脱出する事が目的となってしまっていたり、フィリピンへ行けば安く生活出来るから?と言う様な理由で、簡単に移住してしまう方もおられるようです。それは、それで良いのですが、もし、そうであれば、「私は、フィリピンに骨を埋めるのだ」とまでは言いませんが、その位の覚悟を決める必要があるかもしれません。

何故、私がこういう事を言うかと申しますと、昨今、ペソ高円安ドル安により、一時期より大幅に為替レートが悪化しておりますし、それと反比例して、原油価格高騰により、未だ、物価が上昇し続けているからです。このような事は、4〜5年前には、到底、予想出来なかった事でして、その頃と比較すると、困窮邦人の数も、相当増加しているようです。それは、当たり前の話でして、年金収入など入ってくる金額は、円ベースですから、対ペソの為替レートが悪くなれば、その収入も激減しますし、それに対して、物価が上昇すれば、どういう事になるかは、容易に想像出来ます。私も偉そうな事を言える立場では、ありませんが、一つ言えます事は、移住するのであれば、掛かる費用は、もはや決して安く無いですし、それなりの覚悟を持ってするべきであって、そうで無い方は、多少割高でもロングステイを繰り返す方が無難でしょうと言う事です。

また、将来、病気になられた時、どうされるのか?と言う事です。これも、ご本人の考え方次第でして、私が余計な事を言うべきでは無いのかもしれませんが、あえて一言言わせて頂ければ、私自身は、フィリピンの医療と日本の医療が同等であるなどとは、決して思っておりませんし、何より医師の責任感と申しますか立場が日本とは全く異なりますので、私自身、正直申しまして、手術が必要になった場合などは、フィリピンの病院へ行こうとは全く思っておりません。それは、医師の給料が安過ぎて、医師が介護士の資格を取得してまで海外へ渡ってしまうような状況下で、満足な医療を受けられるかと言ったら、当然、疑問符が付きますし、それに反して、医療費は、日本で健康保険を使用した場合より、かなり高いと思いますし、日本へ帰国して日本の病院に掛かった方が、トータルでお得であるかもしれません。

更に、こちらでは、有名な私立病院においてでさえも、患者が医療ミスで医師を訴えるなどと言う事は、例外を除いては、数少ないと思いますので、前述のように医師や病院のスタンスが、日本とは全然違うと思うのです。
そうかと言って、優秀な医者が全くいないとは言いませんが、私個人としましては、例え、小さな手術でもして貰おうとは思いません。

次に、食べ物の話です。フィリピンに限らず、海外に住む場合、一番影響してくるのが、食生活であると思います。私も、過去、何度と無く、この問題には悩まされてきましたし、日本へ一時帰国する時などは、日本の食べ物、食材、調味料などを大量に買って帰ってきます。もちろん、こちらで買える物は、たくさんありますが、これも考え物でして、とにかく高いです。
これは、一つの指標になると思いますが、例えば、日清のカップヌードル(標準サイズ)は、実家の近所の特売で、一個¥90で売っていましたが、こちらでは、P90(約\240)もします。日本で売られている商品の円表示の数字が、こちらで売られている同等商品のペソ表示であると言うケースは、結構ありますので、そうすると単純計算しても、こちらの日本食材は、日本で売られている価格の2.6〜2.7倍と言う事になります。

4〜5年前、円が強かった頃は、私も、日本食材をいろいろ買っていましたが、これだけ高いとバカバカしいので、日本に帰った時、出来るだけ、たくさん買ってきます。しかしながら、日本で買い忘れたりして、こちらで買わざるを得ない物も出てきますが、そのような時は、本当に必要な物かどうか良く考えて買うようにしています。次回は、今回の続編として、フィリピン・ロングステイや移住において、前持って知っておきたい事(2)をお送りする予定です。

◇──────────────────────────◇
フィリピンってどんな国

前回は、「海外生活では食事が大変である」と言う話をさせて頂きましたが、少し付け加えさせて頂きます。食事に関して言えば、食材(肉、魚、野菜)は、結構、揃っておりますので、いかに料理のバラエティーを多くするかと言う事だと思います。

  特に、フィリピン人の奥様の場合は、和食と言いますか日本的な味付けを勉強される事をお勧めします。普通の日本人が、一般のフィリピン人と同じフィリピン料理を食べ続ける事は不可能に近いと思いますし、油と糖分の摂り過ぎで、将来、何らかの病気が出てくるかもしれません。身近なところで言えば、田舎から出て来たメイドさんなどは、ビックリするほど、健康には無知ですから、もし、こちらが言わなければ、油、塩、砂糖など大量に使用しますし、「良く、こんなにまずい物を作りますね〜」と言うくらい、味付けが合わないケースもあります。従いまして、新しいメイドさんが来ても、即戦力になる訳では無く、結局、日本人用として一から教育しなければいけませんので、それが大変です。

  ご夫婦で移住されている方などは、「メイドさんに手間が掛かるのが嫌なので、全て自分でやります」と言う方も少なくないようです。私は、その気持ちは良く分かります。特に、うちの場合は、お客様商売ですから、一生懸命いろいろな事を教えても、半年過ぎた頃に、「田舎の母が病気なので辞めさせて下さい」などと、すぐバレるような嘘を付かれた日には、「こいつは、一体何を考えているんだ!」と思ってしまいますし、「期待した自分が、バカであったのか?」と自己嫌悪に陥る事も、しばしばです。もちろん、良く働くメイドさんも、たくさんおりますが、前述のようなケースも少なくないので、特に、日本人ご夫婦の場合、メイドさんの教育において、奥様に余計な負荷が掛かってしまうといけませんので、最初から割り切って、メイドさんを雇わないと言うのも一つの方法かもしれません。

  横道に反れましたので、本題に戻ります。フィリピンだけで無く、海外で生活する際、やはり一番お金が掛かるのは、住居費です。フィリピンにおいて、日本と同等クラスの不動産物件を買おうとした場合、かなり高いと私は思います。こういう事を言うと異議を唱える方もいらっしゃるかもしれませんが、私自身の意見としましては、フィリピンの物価など総合的に考えた場合、明らかにフィリピンの方が割高な感じがします。ただ、これは、有名なデベロッパーが開発した分譲住宅やコンドミニアムの話でありまして、もし、安く作ろうと思えば、他の方法は存在しますが、特にフィリピン人と関わりの無い方が、移住しようと言う場合、不動産を購入するとしたら、やはり、前述のような高級な場所かそれに近い場所と言う事になるのでは無いでしょうか。

  例えば、円換算で2000万円の物件を購入したとして、皆様もご存知の通り、毎月の管理費、毎年の固定資産税、修繕費などは、必ず掛かりますので、それをトータルして考えた場合、「何年後に元を取ったと言えるのか?」と言う事かもしれません。更に、厳しいのは、こちらでは、売りに出した場合、いつ売れるのか?いくらで売れるのか?誰にも予想が付かないと言う事でして、一つだけ言える事は、当たり前の事ですが、早く売ろうと思ったら、売値は相当下がるかもしれませんと言う事です。

  ここで一つ住居費用に関して、お話しさせて頂きますと、一般的な話として、フィリピン人の奥様をお持ちの方は、その奥様を通じて、現地人価格に近い価格で家を建てたり購入したりする事が出来るかもしれませんが、フィリピン人と関わりが無い方は、残念ながら、そのような事は難しいかもしれません。しかしながら、こればかりは仕方の無い事でして、後者の方は、最初から割り切るべきかもしれません。もう一つ名義の問題があります。基本的に、土地は、日本人(外国人)の名義になりませんが、コンドミニアムは、その方の名義になります。名義の問題が、どうしても心配であると言う方は、物件によっては、かなり割高かもしれませんが、コンドミニアムを購入された方が良いかもしれません。

  次に、フィリピン人の奥さんをお持ちの方に対して、良く、「土地家屋は、奥さんの名義にしてしまうと、もし、何かあった時、全て取られてしまうから、会社を作って会社名義にした方が良いですよ」などと言う無責任な発言をする人がいます。これは、発言した方は、そういう意図は無いとおっしゃるかもしれませんが、結果的には、フィリピン人女性を見下していると言いますか、それに近い事を言っているに等しいのでは?と思ってしまうのです。

  また、ビジネスをしないにも関わらず、ダミー会社を作って・・・などとアドバイスをする人がいたら、それは明らかに違法な訳でして、もし、SEC(公正取引委員会)やBIR(内国歳入庁)が調べに来たら、取り返しの付かない事になるかもしれませんし、約1年ほど前から、アロヨ大統領の方針で、会社に対するチェック体制が厳しくなっている事も事実です。そこで、フィリピン人の奥様と一緒に住む場合、いずれにしても、一部の高級物件やコンドミニアム以外は、通常、ご主人の名義にならない訳ですから、奥様(もしくは共同)名義にする事は、普通であると思うのです。

  日本人同士の夫婦の場合、土地家屋の名義の為に、ご主人が会社を作ると言い出して、それに賛成する奥様がどこにいるでしょうか?日本人とフィリピン人のカップルも、夫婦の基本は同じであると思いますし、旦那の方が、最初から、そういう偏見を持っていたら、夫婦なんて上手くいく筈が無いと思うのです。

  もし、フィリピン人の奥様との間が、ぎくしゃくして、いよいよ別れるなどと言う場合、まず、双方に原因があると思いますし、ご主人は、目に見えないところで、奥様に助けられてきた部分がたくさんあると思いますので、もし何かあったら、土地家屋は慰謝料代わりにくれてやるくらいの覚悟を持って、奥様を大切にするべきであろうと思うのです。

  もし、そこまで決心出来ないと言う方は、不動産など購入せず、迷わず、賃貸にすべきであろうと思います。また、参考までに申しますと、ここまでの文章において、私が「奥様」と書きました箇所を「愛人」に変換した場合、言うまでも無く、ハイリスクとなりますのでご注意下さい。

  話を元に戻しますと、フィリピンの事情に疎い方は、最低1年くらい賃貸で暮らして、いろいろ調べられた方が賢明であると思うのですが、日本脱出+移住前提で物事をお考えの方は、早く住みたい一心で即決してしまう傾向にあるようでして、後から、「しまった!」と言うケースも少なくないようです。また、「不動産購入は、ちょっと・・・」と言う方は、当アパートメントのような場所で、1〜6ヶ月くらいのロングステイされる事をお勧め致します。

  今日は、話が、いろいろな方向へ飛んでしまい申し訳ありませんでしたが、次回は、最終章として、フィリピン・ロングステイや移住において、前持って知っておきたい事(3)をお送りしたいと思います。


◇──────────────────────────◇
フィリピンってどんな国

前回からの続きとしてお話ししますと、住居の次に大切な物は、フィリピンの場合、移動手段つまり、車です。結論から申しますと、フィリピンに限らず、発展途上国は、本当に車の値段は高いです。以前のメルマガでお話ししましたが、日本で売られているトヨタのヴィッツやホンダのフィットが、今のレートですと、車両価格だけで200万円を超える訳です。それらは、コンパクトカーで、最安値ですから、それより排気量が大きければ大きいほど、価格は高くなります。

  フィリピンの場合、公共交通機関は、それなりに発達しているのですが、日本人が、それだけを使用して生活出来るか?と言うと、答えは、「ノー」です。確かに、生活は出来るかもしれませんが、若者がバックパッカーで旅行している訳でも無いのに、どうして、そこまでするのか?と言う事かもしれません。

  こちらの公共交通機関について申しますと、ジープニー、バス、トライシクルが有名です。私も、マニラへ行く時は、渋滞があり、運転が面倒なので、エアコンバスを利用する事は、時々あります。しかしながら、それらを使って普段の生活が出来るか?と言ったら、まず無理です。

  その理由の一つは買い物です。こちらに住む多くの日本人の方は同じであると思いますが、週1〜2回自家用車でショッピングモールや市場へ行き、纏め買いをすると言うスタイルが一般的です。もう一つの理由は、セキュリティーの問題です。こちらで走っている自動車は、9割以上、スモークガラスにしていますので、中に、誰が乗っているか分からない訳でして、これは、皆さんが考える以上に、外国人にとっては、セキュリティーの効果を果たしていると思います。

  自家用車が必要な理由として、もう一つは、緊急用です。もし、真夜中に、具合が悪くなって、病院へ搬送して貰うなどと言う場合、この国では、救急車を呼ぶより、車で病院へ行く方が、ずっと早いと思いますし、もし、自分が運転出来ない状態でも、車さえあれば、誰かを連れてきて目的地まで運転させると言う事は可能です。

  次に、新車を買うか?中古車を買うか?と言う問題です。結論から申しますと、私は、新車を購入される事をお勧めします。何故かと言いますと、いくつか理由がありますが、大きな理由としては、一つ目は、中古車を買う時は、非常に割高であるが、売る時は、(日本と比較した場合)高く売れると言う事です。二つ目の理由は、中古車の場合、修理履歴やメンテナンスなど不明なケースが多いので、買った後、莫大な修理費が掛かる可能性があります。

  例えば、良く、大きな幹線道路沿いに、車の修理工場を、頻繁に見かけますが、このような修理工場は、いずれもローカル(現地人)向けのタイヤ交換、オイル交換がメインでして、少し上等な店ですと、アラインメント調整が出来る機械を備えていますが、どこまで正確なのか不明です。
もし、原因が特定できない故障などの場合、万が一、そのようなオートショップに持っていっても、まず、修理は不可能であると思いますし、逆に、バラバラに分解されて、元に戻らなくなったり、壊される可能性は高いと思います。

  これも良く考えてみれば分かる事ですが、もし、最近の複雑な車を簡単に直す事が出来るメカニックであれば、そのような場末のオートショップで働いている訳が無いですし、言い方は悪いですが、彼らは、少ない経験の中で、見よう見まねでやっているだけです。従いまして、もし、原因が特定できない故障などの場合は、ディーラーへ持ち込む事が、一番近道ですが、二つ問題があります。

  一つは、パーツ代が、非常に、高額であると言う点です。これは、もちろん、純正パーツですし、ほとんどは、日本製ですから、仕方の無い事かもしれませんが、とにかく高いです。二つ目の問題は、パーツの修理は、しませんので(出来ないので?)、とにかく新品の部品と交換してしまうと言う事です。従いまして、少し大きなトラブルとして挙げれば、例えば、エアコン関係、ラジエーター関係、オルタネーター関係などは、もし、ディーラーに修理を依頼した場合、ほとんどの部品を新品に交換すると言って、P50,000(約\132,500)を軽くオーバーする見積もりを出てきたとしても、全然おかしくないと思います。

  ただ、中古車の場合、前所有者が、ハッキリ分かっていて、事故履歴が無く、通常通りディーラーで定期点検が行われていれば、それもOKかな?と思いますが、前述の修理代の事などを考えますと、走行距離は、せめて30,000kmまでが、限度かなと思います。

  いずれにしましても、リタイヤ後、フィリピンへ来られる方は、基本的に、仕事をされておりませんので、新車も中古車も、一括払いが前提となります。従いまして、フィリピンにおいて、自家用車と言うのは、大変な贅沢品でして、原価償却費は、非常に高いと、理解された方が良いと思います。

  次に、考えておきたい事は、インターネットです。これだけ、インターネットが発達している現在において、日本にお住まいのほとんどの方にとって、無くてはならない物であると思います。ところが、フィリピンの場合、どこでもインターネットが使用出来るか?と言うと、残念ながら、そうでは無いのです。しかも、日本のようなハイスピードでは、ありません。
従いまして、ご自分が、居住しようとする場所は、果たして、(スピードは遅くても)安定したインターネット環境があるのかどうか?と言う事は、かなり重要であると思います。

  更に、参考までに申しますと、こちらのプロバイダーは、基本的に、一年契約ですので、数ヶ月のロングステイの方は、ショッピングモールなどのネットカフェを利用された方が良いかもしれませんが、どうしても自宅で使用したいと言う場合は、一年分払わざるを得ないかもしれません。

  最後になりますが、ビザについて、私の意見を述べさせて頂きますと、通常、日本人の方の場合、最初の半年くらいは、ツーリストビザの延長を繰り返していけば良いのでは無いでしょうか。イミグレーションにおける更新回数も、一回目が21日以内、二回目が38日以内、三回目以降は、59日以内ですから、全然大変ではありません。永住ビザについては、滞在期間延べ1年くらいの間に、ゆっくり考えれば宜しいのでは無いでしょうか。

  これが、逆に、先に、永住ビザを取得してしまいますと、永住ありきで物事を考えざるを得なくなりますので、いろいろな判断を誤る可能性も高くなるかもしれません。また、奥様がフィリピン人の場合、1年以内の滞在であれば、到着時、空港のイミグレーションで、バリクバヤンビザを貰えば1年間滞在できますし、そうで無ければ、イミグレーションにて、ツーリストビザの延長を繰り返せば良いと思いますし、長期間(数年)住むのであれば、13(a)ビザを取得すれば良いと思います。

◇──────────────────────────◇
最近のフィリピンの値上げ

今月に入ってから、フィリピンも完全に夏になりまして、毎日、快晴
の日が続いております。おそらく、午後、屋外の気温は、34〜35度くらいになると思います。日本にお住まいの方は、34〜35度と言うと、日本の夏の猛暑を想像されるかもしれませんが、フィリピンの場合、そのような事は無く、湿気が少ないですし、心地よい風が吹いてくれるので、快適です。
私の場合、早朝から昼過ぎまでは、まだ、扇風機で良いのですが、さすがに、午後は、暑いので、エアコンを付けております。

  日本のニュースを観ておりますと、やはり、気になるのは、物価動向です。私は、フィリピンにおりますので、直接的には、関係無いのですが、それでも、やはり、気になります。先日のガソリン価格にしても、そうです。
フィリピンにいる私から見ますと、今は、1リットル=\125前後で落ち着いた(?)かのように思えますが、一時は、1リットル=\115などと言うガソリンスタンドが出ておりまして、「これでは、フィリピンより日本の方が安いでは無いか!」と言う感じでした。

  このところ、フィリピンにおいて、ガソリン価格の上がり方は、結構、半端では無くて、これは、無鉛レギュラーの話ですが、先々週、1リットル=P45.50(約\114)でしたが、先週は、1リットル=P46.50(約\116)でした。
この勢いで行くと、1リットル=P50(約\125)突破も、そう遠く無い話であろうと言う感じが致します。フィリピンにおいても、これだけガソリン価格が上がると、さすがに、食料品や日用雑貨品の値上げは、凄い物があります。

  更に、最近では、米不足が深刻になっておりますから、米の値上げ幅も半端ではありません。うちは、メイドさん用に、いつも、25kg=P700(約\1,750)の大きなサックを買っておりました。しかし、先日、メイドさんの一人が、「米が無くなりました」と言うので、いつも通り、P700を渡して、近所へ買いに行かせたら、「米は買ってきたのですが、お金が足りません」と言うのです。「いくら足りないの?」と聞くと、「P820(約\2,050)に値上がりしたので、P120足りません」との事でした。

次に、メイドさんの米代です。うちの近くの米屋で、メイドさんのレベルが食べる米を買おうとすると、1kg=P47(約\115)もする訳でして、更に、そのメイドさん達は、一日1キロ近くも米を食べる訳ですから大変です。

  まあ、日本人からすれば、キロ当たり4.8ペソ(約\12)の値上げですから、それほどでも無いように思いますが、フィリピン人は、大変かもしれません。ただ、私は、こちらに住み始めて、最初の頃は、「いろいろ、フィリピン人も大変だなあ」と思いましたが、長く住むようになると、それなりに、フィリピン人の生活様式が分かってきますので、最近では、ほとんど、そのようには思いません。

  それは、何故かと言えば、フィリピン人は、基本的に、大家族主義ですし、政府が、海外出稼ぎ労働を奨励している訳ですから、お金が無くて、生活に困れば、身内の中で職がある人に、ぶら下がれば良い訳ですし、フィリピンにおいて、それは、恥ずかしい事でも何でも無くて、当たり前の事なのです。また、借金も、日常の生活習慣となっていますから、お金が無い人は、お金のある人に対して、借金をすれば済む話であると思います。

  これも、日本人からすると、「えー、借金?」と言う感じですが、フィリピンにおいて、借金は、一種の生活習慣病ですから、逆に考えますと、「今日のおかず代を貸してくれる人が、近くにいて、ラッキーでしたね!」と言う話であると思います。従いまして、外国人が、フィリピン人の生活を心配したところで、何が変わる訳では無いですし、下手に、寄付なんか致しますと、貰えなかった人は、不満を言いますし、貰った人は、次回もそれを期待しますので、かえって悪影響を及ぼすかもしれません。

  話は、少し横に反れましたが、結論的な事を申しますと、フィリピンの場合、ガソリンが上がろうが、便乗値上げが起ころうが、基本的に、ぶら下がっている立場の人には、あまり関係無いと言いますか、ピンと来ない話ですし、工場などで働いている一般の従業員にしてみても、「政府や企業に立ち向かって、デモをするのか?」と言えば、事無かれ主義のフィリピン人の中において、自らの意志で、そのような事をしようと言う人は皆無に等しい訳です。

  フィリピンのニュース番組の中で、良く、各地の市場の映像が出まして、消費者にインタビューすると、確かに、「全て値上がりしているので、生活が大変です」と、皆、答えるのですが、結局、それだけですから、何も変わらないと言いますか、成る様にしか成らないのです。これは、何も、フィリピンだけの話では無くて、発展途上国の中で、特に、スペインの植民地であった国に共通する話でして、結局、国民は、政府や役所に対して、声を上げられない状況が、昔から続いておりまして、その結果、政治家や役人は、やりたい放題ですから多額の不正蓄財ができると言う訳です。

  ここで、日本の場合は、官僚主導で、役人が政治家をコントロールしていると言われておりますが、フィリピンの場合、そういう事は無いと思いますし、逆に、政治家が、役人を操って、いろいろ悪事を働いていると思います。
それを考えますと、ある意味、フィリピンの政府と言いますのは、非常に、分かり易いのですが、いかんせん、国民が声を上げられない訳ですが、選挙の度に、貧しい一般の人は、P20かP50くらい貰って、コロッと買収されてしまう訳ですから、どっちもどっちであると言いますか、国民も国民であると思います。

  そこで、話は戻りますが、「何故、国民は声を上げられないか?」と言う事ですが、もちろん、植民地時代から続く搾取とか格差の問題は、多分にありますが、まず、何より、「大半の国民は、税金を払っていない」と言う事に尽きるのでは無いかと思います。定職に付いたとしても、工場などは、6ヶ月のアルバイト扱いがほとんどですし、そうで無くても、10年以上継続して働くなどと言う人は、役所や大企業以外では、少ないですし、基本的に、所得税とか固定資産税と言う観念も、ほとんど無いのでは・・・と思います。
また、政府は、海外出稼ぎ労働を奨励したり、固定資産税などを厳しく徴収しないと言う事で、逆に、国民の発言権をコントロールしていると思います。

◇──────────────────────────◇
将来への不安?

今年になってから、何度となく、フィリピンの値上げの話をしてしまい、大変恐縮ですが、ついに、先日、ガソリン価格が、無鉛レギュラー、1リットル=P50(約\125)を突破致しました。日本も、様々な物が値上げされて、大変のようですが、それでもメーカー側の企業努力やスーパーの自助努力などで、値上げ幅は、それなりに抑えられているような感じも致しますが、実際のところは、どうなのでしょうか。また、ガソリン価格にしても、日本は、160円を突破したそうで、確かに高いと思いますが、一般国民の給与水準を考えた場合、フィリピンにおける125円の方が、はるかに高いのでは無いでしょうか。

  ただ、だから暮し難いと言う事では無く、フィリピン生活も、以前と比較すると、結構、お金が掛かりますと言う事です。また、以前にも申しましたが、値上げになれば、それに合わせて節約すれば良いですし、無駄な物は買わなくなると思います。ただ、私の所は、一般家庭とは違い、電気代などは、中小企業の事業者用となっておりますので、基本料金が高く設定されているので、結構凄い事になっています。先月は、暑かった事もありまして、あまり考えずに、エアコン、シャワー&風呂を頻繁に使用していた結果、電気代+水道代で、円換算で4万円近くになってしまいました。言うまでも無く、それは、私達の使用分だけで、お客様のご使用分は入っておりません。さすがに、これはマズイと言う事で、今月は自粛しております。

  そこで、今日の本題に移りたいと思います。日本は、年金問題、後期高齢者医療制度などで大変な事になっているようですが、皆様は、いかがでしょう。私も、インターネット経由で、日本のテレビを観る事ができますので、最近の日本の事情は、かなり理解しているつもりです。そこで、私が、まず思う事は、「日本人は大人しい」と言う事です。これは、嫌味でも皮肉でも無く、諸外国と比較しても、大人しさにおいては、突出しているのでは・・・と思います。もし、お隣の某国で、4・15ショックのように、詳しい説明も無く、いきなり年金から保険料を天引きされたら、それこそ暴動が起こって、大統領府の前で、抗議の焼身自殺をする人も、出てくるのでは?と思ってしまいます。

  しかしながら、これで、日本政府と言いますか、日本の向かう道と言いますか、少子高齢化社会への方向性は、ある程度はっきりした訳ですから、後は、国民一人一人が、いかにそれに対処するかと言う事であると思います。
一昔前は、サラリーマンであれば、定年まで会社に勤めて、退職後も、それなりの年金が貰えて、贅沢さえしなければ、余裕を持って暮らしていけるでしょうと言う事であったと思います。しかし、残念ながら、もう、そのような時代は終わったと思います。もう、これからの時代は、健康は、最低限必要な条件であると思いますし、健康体の人も、年金から保険料を自動的に天引きされてしまう訳ですから、更に、経済的に余裕が無いと、何も出来ないと言いますか、病院へも行けないと言うような状況に陥ってしまうような気が致します。まあ、愚痴ばかり言っても、仕方無いので、何事も前向きに考えましょう。

  ただ、何だかんだ言っても、健康に勝るものは無い訳でして、これは、日頃の自分の生活習慣によるところが大きいですし、そこを、気を付けない手は無い訳です。幸いな事に、最近では、テレビでも健康や食に関する番組は多いので、参考になる部分も多々あるように思います。私も偉そうな事は言えませんが、それなりに、健康について考えているつもりです。ただ、マニラやその近郊においては、日本のように歩道が整備されている道路は無いに等しいですし、一般道は排気ガスで空気が汚れていますし、日中は暑いので、気軽に散歩などへ行けないのが実情です。

  トレーニングジムへ行くと言う方法もあるのですが、私は、ウェスト85cm未満でして、メタボではありませんので、今現在、自分では、そこまでしなくても良いかなと思っておりますが、もし、運動量を増やすと言う場合、やはり、ゴルフのラウンド数を増やすのが一番手っ取り早いかなと思います。

  話は変わりますが、最後に、ロングステイに関しまして、私の意見としましては、お客様に何回か体験滞在をして頂いてから、日本の寒い時期に、数ヶ月間ロングステイをされる事をお勧め致します。

◇──────────────────────────◇
最近の天気

最近、日本においても、「ゲリラ豪雨」と言う言葉が定着しつつあり
ますように、年々、異常気象の度合いが増しているように感じております。

  異常気象と言う点においては、フィリピンも同じでして、毎年、雨量が減少しているような気が致します。台風を一つ例に取りましても、例年ですと、グアム、サイパン周辺で発生して、フィリピンのサマール島、レイテ島を通過してルソン島東海岸を北上すると言うパターンです。

  しかしながら、今年は、フィリピンのすぐ東側で発生しますので、熱帯低気圧の状態のまま、北上すると言うパターンが多く、フィリピンには、ほとんど雨が降らないと言いますか、降っても微量と言う事になります。

  個人的な事を言わせて頂ければ、私の所は、水源に困る事はありませんので、雨が降らなくて、本当に有難いと思っております。ただ、贅沢な事を言わせて頂ければ、雨が降らない分、毎日晴れておりますので、この気温が、もう少し下がってくれれば・・・と思います。例年ですと、7月、8月と言うのは、雨季ですから、晴れる日が激減して、それだけ気温も下がります。
従いまして、エアコンを使用する機会も減りますので、電気代も一気に下がるのですが、今年の場合は、全然下がってくれませんし、6月の一番暑い時期と比較しても、それほど変わらないような感じです。

  ここへ来て、一昨日、ようやく、台風13号が発生しまして、昨日も朝から天気が悪かったのですが、これも、フィリピンのすぐ東で発生した熱帯低気圧が、台風となり、すでに、北上していますから、降雨量としては、少ないです。

  最近の日本のニュースを観ていると、本当に、雨が多くて、大変な事になっていると言う印象を受けます。何人かの気象専門家曰く、「日本は、あと数十年で、熱帯の気候になるでしょう」と言われております。私も、以前は、「まさか、そのような事は無いだろう」と思っておりましたが、日本の異常気象をニュースで観てから、「なるほど、そういう事も有り得るのかな」と、見方が変わりました。

  いわゆる、「ゲリラ豪雨」とは、こちらで言う「スコール」の一種であると思います。日本の天気予報やニュースの特集などで、盛んにやっておりましたが、「積乱雲が、物凄いスピードで発達して、みるみるうちに、暗くなってきて・・・」と言う現象は、まさに、フィリピンの雨季と全く同じ状況ですし、8月の日本で、あれだけ雨の日が長く続いて雷も発生すると言う事も、例年のフィリピンの雨季と酷似しております。

  従いまして、今年の夏の事象だけ比較してみますと、まるで、日本とフィリピンが正反対になってしまったような感じさえ受けます。話は変わりますが、先日、久しぶりに、ラウンドしました。最初は、天気とか気温の事など、全然考えておりませんでしたが、後半、もの凄く暑くなってきまして、熱中症一歩手前のような状態になってしまいました。どのような症状かと申しますと、急に体が重くなってきて、とにかく、歩くのが面倒になってきて、極端に、集中力が無くなると言う感じです。幸い、1ホール後に茶店がありましたので、そこで休息して、すぐに回復しましたが、あの時、あと何ホールか続けたら、かなり、大変な事になっていたかも?と言う感じがします。

  従いまして、こちらに住んでいる私でも、そういう事がありますので、日本からのツーリストの方は、くれぐれも、お気を付け下さい。例え、天気が曇りでも、地面からの湿気、熱気で、すぐに、熱中症になるそうですから、傘を使用するとか、カートを使用するとか、疲れたと思ったら、すぐに休息して水分を摂取するなどの対応が必要であると思います。

  最近、フィリピンでも、所々で、秋の気配を感じるようになりましたので、これからは、だんだん涼しくなってくると思います。

◇──────────────────────────◇
フィリピンにおける食の安全は?

昨今、中国製のメラミン入り粉ミルクにより、多数の被害者が出てお
ります事は、周知の事実であります。こちらに住んでおりますと、情報源は、ほとんど、日本のニュースでして、フィリピンのニュースではありません。こちらでは、良くある事ですが、フィリピンにおいて在留邦人が犠牲になると言う事件も、第一報を知るのは、日本の民放のニュースを観ていて・・・と言うケースが多いです。

  話は横に反れましたが、例の中国製メラミン入り粉ミルクが発覚した時も、私は、第一報を日本の民放ニュースで知りました。その数日後、ニュースでは、「被害が東南アジアに拡大していて、各国は、中国製乳製品を輸入禁止にしています」と言う事でした。そして、東南アジアの地図が出て来て、どこの国が、すぐ輸入禁止にしたのか?と言えば、台湾、マレーシア、シンガポールでした。逆に、そこに入っていなかった国は、タイ、フィリピン、インドネシアなのです。やはり、これら3ヶ国は、華僑が経済を動かしているようなものですし、政治への影響力も大変強いので、「はい、そうですか」と言う具合に、すぐに輸入禁止には踏み切れなかったように思います。まあ、最終的には、後述の3ヶ国も輸入禁止にした訳ですが、あまりにも、アクションが遅いと言う事です。

  ここで特筆すべきは、シンガポールでして、この国も華僑と言う点では、一見すると、前述の3ヶ国と同じように見えます。しかしながら、シンガポールと言う国は、先日、発表されました「汚職の少ない国ランキング」において、4位に入っているのです。これは、世界中の4位ですから、とてつもなく潔癖であると言う事です。更に、食料自給率は、10%以下と言う事で、90%以上を輸入に頼っているそうですから、いち早く、中国製乳製品を輸入禁止にしたのも、うなずけます。

  私は、結構、牛乳を良く飲みます。一日1リットルとは言いませんが、それに近い量は飲んでいると思います。ただ、こちらの牛乳は、日本のフレッシュミルクとは違い、ロングライフが主流ですから、味は、かなり落ちます。私は、いつも、モールのスーパーマーケットで、まとめ買いをします。

  確か、8月頃、いつも行っているスーパーへ行くと、いつも買っている「ALASKA」と言うブランドのニュージーランド製の牛乳が品切れでした。
いつもですと、まとめて10本位は買うのですが、その日は、無かったので、仕方無く、「Jolly Cow」と言うブランドの牛乳をまとめて買いました。
そして、その後も、前述の「アラスカ」がある時は、それを買っていたのですが、品切れの時は、後述の物を買うと言う感じでした。何故、その「ジョリーカウ」と言う物を買ったかと言いますと、単純な理由でして、値段が安かったからです。値段は、「アラスカ」が一本(1リットル)P62(約\143)で、「ジョリーカウ」が一本(1リットル)P52(約\120)なのです。

  そして、例の中国製メラミン入り粉ミルクの事件が起きて、テレビでも、いろいろ騒ぎ出した訳です。そして、私は、「まさか、今飲んでいる牛乳は大丈夫だろうな」と思い、半分冗談のつもりで、冷蔵庫の「ジョリーカウ」と言う牛乳のパックを見ましたら、小さい字で、「Product of PRC」と書いてあるのです。私は、「あれ、おかしいな、フィリピンだったら、Philippinesと書くのに・・・」と思ったのですが、その直後、「何?PRCとは中国じゃないか!」と、すぐに気が付きましたが、「時すでに遅し」でした。ちなみに、「PRC」とは、「Peoples Republic of China」の略です。ここで、頭に来るのは、何故、「Product of China」と書かないで、「Product of PRC」と書いているのか?と言う事です。これは、言うまでも無く、「China」と書くと売れないからですし、一般庶民は「PRC」が中国であるなどとは知りませんので、気にしないで買ってしまうと言う事です。

  その後、スーパーへ行って、牛乳のコーナーへ直行しましたが、もうすでに、それらの製品は撤去されていて、一つもありませんでした。
従いまして、私は、おそらくメラミンが入っていたであろう牛乳を10〜20本位は、飲んでしまった訳です。その後、インターネットで、「ジョリーカウ」と言う牛乳の販売元の会社を調べましたら、アキノ元大統領の親族が経営する華僑の会社でして、役員も全て親族で固めておりました。私は、「ああ、なるほど」と思い、納得しました。

  ここで、私自信の反省点が、二つあります。一つ目は、私の潜入観で、フィリピンで売っているロングライフの牛乳は、ニュージーランド製か、オーストラリア製だけであると信じきっていて、パッケージを良く見なかったと言う事です。今となっては言い訳っぽく聞こえますが、パッケージを見て、もし、中国製と分かれば、絶対に買わなかったです。

  二つ目の反省点は、値段です。これは、フィリピンに長く住んでいても、なかなか慣れないと言いますか、やはり、フィリピンの場合、安い物は、粗悪品が多くて、必ず、裏があるのですが、そうかと言って高い物ばかり買う訳にもいかないので、そこは難しいところです。「安かろう悪かろう」、「安物買いの銭失い」などと言う言葉がありますが、日本人が、フィリピンで買い物をしたり、サービスを受ける場合、ほとんどのケースにおいて、それらの文言が当てはまると思います。


  現在、フィリピンにおいても、病院を初め、様々な所で、メラミン混入製品が発覚してきているようですから、気を付けたいものです。

◇──────────────────────────◇
テレビを観ておりますと、ニュースにおいて「派遣切り」「リストラ」「ホームレス」などの話題が大半を占めております。私は、それを観ていて、「日本は、格差が少ないなあ」と思いますし、まだ、中流意識が残っているのかなと言う感じがします。自動車産業の下請け工場で、一生懸命働いていた派遣社員の方が、クビを切られると言うのは、大変、気の毒で不条理な事であると思います。

  ただ、資本主義国家の市場原理としては、企業の利益が激減して、人件費を削減しなければいけない所まで来たら、そうするしか無いのかなと言う気もします。ただし、大企業の場合、どこまでが建前で、どこまでが本音であるのかを良く見極める必要がありそうです。それは、会社の利益自体は、そこまで影響を受けていなくても、配当を維持する為とか、大株主や外国人投資家に経費削減をアピールする為など、くだらない理由で「派遣切り」をしている企業があったとしたら、それは、とんでもない事であると思います。

  しかしながら、批判ばかりしていても前進しませんので、あえて良い面を挙げれば、マスコミがこれだけ取り上げてくれている訳ですし、地方自治体も何かしらの対策を考えていますから、まだ、救いはあると思います。

  フィリピンを初め、発展途上国において、工場が、突然閉鎖したとしても、その後、従業員の面倒を見てくれる会社は、まず無いと思いますし、そのような場合、フィリピンでは、親兄弟やいとこの住まいへ転がり込むと言うのが、一般的ですし、本人は当たり前であると思っています。

  しかしながら、日本においては、身内の家へ転がり込むと言う事は、一般的では無いですし、むしろ、「ブラブラしている」などと言われて、批判される場合が多いと思いますので、ご本人にとって、非常に厳しい状況であると思います。そこで、今回の「派遣切り」などのニュースを観て思う事は、それこそ、人材不足と言われている「介護」、「農業」の分野で働いて頂くべく、政府が早急に対策を取るべきでは無いでしょうか。介護や農業の分野と言うのは、日本が既に直面している大きな社会問題ですので、今、種を蒔いておけば、近い将来、その成果が表れてくると思うのです。

  「定額給付金」にしても、一人\12,000ばかり配って、本当に景気が良くなると思っているのでしょうか?ゼロが一つ足りないのでは?と思ってしまいますし、そんな事に2兆円も使うのであれば、後期高齢者医療制度を廃止すべく、その費用に充当したり、前述の介護や農業の分野の人材確保に費やせば良いと思うのですが・・・。

フィリピン・ロングステイ・アパートメント「カサブランカ」の
ホームページを下記の通り、更新致しましたので、是非、ご覧になって下さい。新しいHPアドレス: http://mm.visia.jp/hiro/ 


◇──────────────────────────◇
(ビジネスプラン)
"日給8万円情報"のおずさんも使いその効果で検索エンジン上位にヒットされ、おずさんのメルマガでも紹介されました

導入実績NO.1のインターネットで完結するWebコンサルティングサービス
導入実績NO.1のインターネットで完結するWebコンサルティングサービス


多数の成功者を出した"日給8万円情報"

ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る図解と動画による手順マニュアル−岡崎よしあき(おず)


(パーソナルプラン)
20個以上のSEO対策ツールが1,980円で使い放題!
20個以上のSEO対策ツールが1,980円で使い放題!



-------PR-------
テレビCM中のDMMの番組案内は下記からお入りください
DMMの番組利用法やキャンペーン
(アニメ、コミックやゲーム、映画、CD&DVD案内等)を掲載中
一般編,成人編,一般編Jugem

PCシヨッピイングサイトは
seesaaでシヨッピイング,美容と健康オンラインシヨッピイング,ネットショップamazon

婚活コミュニティ
りさーち東京の婚活情報,(携帯)moba8comunity,(携帯)シヨッピイング情報,(携帯)結婚情報 

 結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】

クリスマスファッションや売れ筋の電子タバコ、グッズなどハピネス商品、ランキング20
Enter↓携帯
りさーち東京のリアルストア

新規コンテンツ続々追加
携帯シヨッピイングのmoba8はこちらからお入りください

(携帯)男と女のダイエット(全ポイントバックOK),(携帯)moba8news,求人携帯サイト

キヤッシング速報には面白いコンテンツも追加しました
オークションをされたい方携帯モバオクへどうぞ
光ファイバーを超える高速回線や携帯からのエステ体験、借金解決は
ケータイシヨッピイング情報へどうぞ
ここしかない携帯シヨッピイング独占コンテンツ情報をご利用ください
りさーち東京の携帯シヨッピイングNEW

求人
りさーち東京の求人情報
求人(携帯)
お仕事を探している方
ハローワークではなかなか見つかりません
月収50-100万円なら↓の稼ぎ方もできます
稼げる求人情報
------PR-------

posted by りさーち東京 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン
結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】
CD&DVDネットレンタル通販ブロードバンドのDMM 獏組情報

2009年09月27日

peso と金(フィリピン)

-----PR------
テレビCM中のDMMはこちらからどうぞ
電子タバコは携帯でも買えます(↓)
(携帯)男と女のダイエット(全ポイントバックOK),(携帯)moba8news,求人携帯サイト

携帯シヨッピイングのmoba8はこちらからお入りください(リニューアルしました)

携帯サイトキヤッシング速報には面白いコンテンツも追加しました
オークションをされたい方携帯モバオクへどうぞ
光ファイバーを超える高速回線や携帯からのエステ体験、借金解決は
ケータイシヨッピイング情報へどうぞ
ここしかない携帯シヨッピイング独占情報をご利用ください
-----PR-----

期間限定はりさーち東京の"ポケットショップ"へもどうぞ

健康について

---------------PR------------------
◇──────────────────────────◇
peso と金(フィリピン)

最近は景気のせいか自分の周りでも経済が停滞しているというのが実感される。

今朝もSTBKSで英字新聞を読んでいるとディベロッパーのMEGAWORLDが社債を発行して、FORT BONIFACIOの北部を開発しようとしていたり、San miguelとかも今年はじゃんじゃん社債を発行したりして、景気がいい振りをしている。

フィリピンの経済が世界の経済動向に左右されているように見えないのは、それが国内向けの市場に向けて物なりサービスを供給しているということがある。

半導体などの輸出産業は当然打撃を受けていてそれなりだが、そういったところはそれなりに生産調整なり人減らしをするだけだ。

巷では雇用なき経済回復といわれているが、世界中そういうことなのだ。でも最終的には雇用無き回復などない。結局二番底をつけるしかない。

http://picasaweb.google.co.jp/lh/photo/Zo7btZRZOEhG1gEbYONLiA?feat=directlink

フィリピンにはあまり外資が入っていないといえばウソになるだろうが、日本などに比べてゴールドマンサックスやJPモーガンが大量に資金を入れているか、といえば市場規模が小さすぎてあほらしい、ということなんだろう。

海外からの資本が少なければ少ないほどリーマンショクになどによる
影響が少ないはず。

為替や株式市場や債権市場が変動するのは海外からの資金の出し入れがあるから。

株式の外国人の買いこし、売りこしが今週は幾らでしたということで
日経インデックスの変動は説明できる。

当然フィリピン市場にも外資は入っているのだが、3、4年前とかにはメリルリンチはフィリピンから撤退しますとか、そんなようなニュースが流れていた気もする。やっても儲からないから意味がないのだろう。

ある意味フィリピンへ流入する資金というのは、世界の他の市場から隔絶された桃源郷のような感じがするのは気のせいだろうか。

2、3日前ロイターかなにかで、ゴールデンサックスだったかどこかのCEOが世界はいままで見たことの無いほどの量の資金であふれているというコメントを見たが実際それは史上初めてのものすごい資金量なのだ。

それだからドル安が起こり、資源が上昇するのは当然の帰結だし、それに乗じて金のコールのワレントを買っていたりする(ワレント自体がゴールドマンサックスのサービスなのでいんちきくさいが)。

儲けるという目的よりもこれだけの資金が市場にあふれればインフレになるのは仕方がないでしょうからドルを持つリスクを避けるしかないでしょうということで。

ところで以前フィリピンで金を買えるのか?と思っていろいろ調べてみたんだけど、ここには田中貴金属はないし、金を買うならチャイナタウンで、ということになるみたいだ。ただチャイナタウンで金の延べ棒とか買っても(売ってるのか?)換金性にいまいち疑問が残るし、保管の問題があるのであまり現実的ではない。

http://picasaweb.google.co.jp/lh/photo/WpRoXmKlpfAlfaODtOx8Vg?feat=directlink

やっぱりお金持ちはCITIBANKあたりにドル預金ということだろうが、CITIは本体がいまにも潰れそうなのであまり信用していない。億万長者は一気にスイスだろうけど小金持ちは香港あたりだろうな。

金は先週の1016ドル/ポンドの高値からじりじりと値を下げ990ドル近くまできたが、また少し下げ900近くに行ってポンと上がり、11月くらいに株とともに暴落してその後はもう下がらないだろう、一説では5-10年で2500ドルまでいくだろうという予測もある。

なんだかんだいって僕も日本で地金を最低単位の量を2,3カ月おきにちょこちょこ買い増しして2年近くたったが、その間にグラム2500円くらいのものが、現在3200円に上がっている。3割くらいは上がった。

ドル円だけを見ているとドルという通貨の価値にあまり代わりがないように見えるが金に対して見透かせばその価値はを確実に減らしている。
田中貴金属の金相場のサイトで調べてみると1979年当時の1オンスの価格が307ドル1グラムが日本円で2218円くらい。

それが今では1オンス990ドル(約3.3倍)、1グラム3000円(1.4倍)だからドルはこの30年間で金対して約3.3分の1に、円に対して1.4分の1になったということだ。
これはドルをアメリカが刷り続け、国内だけでなく世界の隅々で流通する基軸通貨にするためには仕方なかったのだろうが、ドルの下落は連銀が刷りすぎということの証拠だ。

つまり今年はさらに経済危機による借金の穴埋めのため莫大なお金を刷って米国債という形で穴埋めするということや、日本や中国がもう米国債を買わないということなので、連銀がお金を刷って財務省の国債を買うという最後の手段にでてしまっているので、別にドルの崩壊がなくても自然にドルの価値はいままで体験したことのないような急激なレートで一気に下がる。

連銀はヨーロッパの銀行化によって出資された民間一企業のくせして、唯一その独立性をたてとして議会にその運用を規制されないわけであって、財務省のガイトナー長官がだした査察要求をつっぱねる期限の9月30日がくるとどうなるのか、見ものだ。

ドルの価値が低下することはそのままアメリカ人の持つ会社なり国内、外に持つ資産が目減りしているわけで、これは膨大な金額の米国債を保有する中国、日本などにとっても同じでせっかくの貿易でしこしこためた儲けががくっと目減りすることになる。

だからその外貨準備高に締める金の割合を高めようというのは至極当然のことであって、中国ならずも鳩山政権も当然そうするだろう。

じゃあフィリピンのような弱小国の通貨はドル安の影響をどのようにうけるか、といえば普通に考えれば、ドルの道ずれでペソはそのまま落ちていくしかない。

フィリピンの公定金利は米国債に連動され、それしかフィリピン国債を売る術はないし、国家の運営が他国からの借金を前提に行われているわけだし、特に目立って国内産のものを輸出をして貿易黒字を増やすすべもないわけだから、その通貨の強い弱いは単純にその金利に連動するものでしかない。
OFWからの送金額も一定額なので、それを支えるほどの力はまったくない。

http://picasaweb.google.co.jp/lh/photo/oWxPBo-gIIVMNxhfXLHNDA?feat=directlink

結局は米ドルが落ちればずるずるとつられて落ちてインフレの谷間にいってしまうソフトカレンシーだ。

ソフトカレンシーというものの弱さを証明してみよう。金対比の通貨価値で言えば、円ペソレートだけをマニラ新聞で追っかけていただけでは気づかないし、駐在などでフィリピンに長くても5年いたとしてもどれだけペソが弱くなっているか、というのは統計の数字をみないと感覚がわかない。

ここにおもしろいサイトがある。

(円−ペソ相対30年)
http://myindex.jp/data_i.php?q=WJ2017PHP

(ドル−円相対30年)
http://myindex.jp/data_i.php?q=WJ1014JPY

要はフィリピンペソに円で投資すると期間によっていくらになるか?というものだ。30年まで選べるようになっているが、もし100万円を30年前に投資していると毎年の定期預金の利率などを換算しても現在では6万円にしかならない。
つまりもうかるのではなくペソは円に対して30年間で16.6分の1になってしまった。

100万円を30年前にドルに換えていると今いくらになるかというと46万円、2.2分の1だ。ただし注意書きとしてこのサイトは単なる通貨の対比ではなくて、利子収入をプラスとして考えてあるので本来の対価としての通貨レートだけによる価値の増減を示すものではない。

これを上記の金貨価格のドルと円とペソと金の相対価値として並べてみるとおもしろい。

米ドルは金に対して30年間で 3.3分の1
円は金に対して30年間で   1.4分の1
ペソは円に対して30年間で  17分の1
米ドルは円に対して30年間で 2.2分の1

(上記のデータについては違うところからとっているので若干の誤差があります)

ここからペソと金のこの30年の相対的な価値変化をだしてみると
ペソは円に対して17分の1になって、円は金に対して1.4分の1だから17 x 1.4 =23.8つまりペソは金に対しこの30年間で23.8分の1(4%)の価値まで低下していることがわかる。

これを年次換算してみると毎年何パーセントずつペソの金に対する相対価値が失われているのかがわかる。

簡単にエクセルで表をつくってみて年何パーセントのマイナス金利で
30年後に100万円が4万円になるかを見てみると。

元金 年利 30年
100 -10% 89.9 1
80.8 2
72.7 3
65.3 4
58.7 5
52.8 6
47.5 7
42.7 8
38.4 9
34.5 10
31.0 11
27.9 12
25.1 13
22.5 14
20.2 15
18.2 16
16.4 17
14.7 18
13.2 19
11.9 20
10.7 21
9.6 22
8.6 23
7.8 24
7.0 25
6.3 26
5.6 27
5.1 28
4.6 29
4.1 30

驚くべきことにペソは過去30年間金に対してその価値を毎年10%ずつ落としていったということがわかる。

10%かとみて、インフレ率と思う人はよくわかってます。

下記のグラフは過去20年間のフィリピンのインフレの年次推移です。

http://ecodb.net/country/PH/imf_inflation.html#index01

2000年を100として線を引いてみると1989年の40%から2009年160%まで推移の幅は20年で120%つまり年平均6%のインフレ率。

前期は30年の金−ペソの推移だったので、念のため20年で計算してみると、1989年の金平均価格が1725円(現在3000円/gとすると)上記のサイトより100万円を20年間ペソに投資したとすると29万円(-71%)になる。

円は金に対して20年間で   1.74分の1 (58%)
ペソは円に対して20年間で  3.45分の1 (29%)

3.45x1.74=6つまりペソはこの20年で金に対してその価値を6分の1(=17%)に減らした。これを上記のエクセルの表にいれて年次のマイナス率を出してみると

元金 年利 残高   20年
100 -8.5% 91.5 1
83.7 2
76.6 3
70.1 4
64.1 5
58.7 6
53.7 7
49.1 8
45.0 9
41.1 10
37.6 11
34.4 12
31.5 13
28.8 14
26.4 15
24.1 16
22.1 17
20.2 18
18.5 19
16.9 20

過去20年間ペソは金に対して毎年 -8.5%ずつ価値を減らしていったことになる。同じ期間のインフレ率が6%なのでそれ+2.5%がペソの対金価値の減少率だ。

ここからどういう経済合理性にあった結論が導かれるのか各人の考え方によって意見がわかれるところが、簡単に言うと、

1.給料労働者はペソで給料をもらうよりドル、ドルより円支払いの方がいい(毎年6%以上の調整が入るなら別だけど

2.経営者にとっては円、ドルで代金を受取り、ペソで給料を支払い毎年給料を調整する形がベスト

3.ペソで借金をすると利子を考えなくていいなら10年後はローンの支払いは金換算だと半分以下になっている円やドルでの収入があるなら長い返済期間はよい。

4.ペソ建てでコンドミニアムを10年以上のローンで買う場合、その際には資産価値も家賃収入も金換算でいくと目減りしていくので注意。500万ペソのコンドを買って5万ペソの家賃収入を得ようとすれば、最初はいいが10年後の5万ペソはその半額の購買力になる。その代わりローン支払も同様だから収支としては変わらない。

コンドでもペソ建ての国債でも株でも現金でも同じことだが、ペソ建ての資産を持つということはそれが円やドルや金換算で相対的に目減りしていくことは計算にいれた上で、在比者にとってはペソ建て資産のバランスを全体のどの程度にとどめておくかという計算を早目にしておくべきだろう。

5. ドルが暴落した事態を想定して、最後は通貨の力はその国の経済力に比例するということを考える。

◇──────────────────────────◇
Imperialcasino (Various kinds of languages)
English,Chinese1,Chinese2.Italy,Indonesian,Korean,Arab
Excite,FC2

Everest Poker (Various kinds of languages)
English,Chinese1,Chinese2.Italy,Korean
FC2

Everest Casino (Various kinds of languages)
English,Chinese1,Chinese2.Italy,Korean
FC2

---------PR-------------

タグ:フィリピン
posted by りさーち東京 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン
結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】
CD&DVDネットレンタル通販ブロードバンドのDMM 獏組情報

2008年11月23日

フィリピン生活情報

フィリピンに旅行に行こう、とかフィリピンに住みたい、という人には最適な現地の生情報です。イメージだけだった方にも現地がわかる情報です。

どこまで節約しますか?

今日は、「どこまで節約しますか?」と題して、お送り致します。

最近の日本のニュースは、特に、金融危機以降、不安を煽るようなニュースが多くて困ります。ただ、実体経済への影響は、実際、目に見えた形で出てきておりますので、読者の皆様におかれましても、財布の紐を固く締められている事と思います。当然の事ながら、私も例外では無く、この難局をいかに乗り切るかを常に考えなくてはいけないと言う状況です。

私が言うまでもありませんが、個人経営の自営業の場合、フィリピンにおいても、基本的には、日本と同じでして、集客以外の面においては、いかに経費を節減するかと言う事であると思います。また、日本の場合、何が厳しいかと言えば、それは、事業税であったり、税務申告の複雑さにより税理士を雇わざるを得ないと言う事であったりして、フィリピンの場合も、基本的には、同じですが、人件費は安いと言う事です。但し、SEC(証券取引委員会)や市役所など役所関係の更新料は、毎年値上がりしております。

ここで本題に入らせて頂きますと、それでは、フィリピンにおいて、どこまで節約できるのか?と言う事について考えてみたいと思います。
ただ、こればかりは、各人それぞれ環境も違いますし、価値観も違いますので、正解のような物は無いと思って読んで頂いた方が宜しいかと思います。

そこで、まず、「衣食住」の中の「衣」の部分です。私事で恐縮ですが、私の場合、洋服などの衣類、靴などをフィリピンで買うと言う事は、例外を除いて、ほとんどありません。それは、何故かと言えば、コストパフォーマンスと言うと、少々大げさですが、要するに、シャツなどは、安い物は安かろう悪かろうで長持ちしませんし、デザイン的にも「?」の物は多いですし、「これは良いかも!」と思って見てみるとサイズが無かったりする事は多々あります。そこで、いろいろな事を総合的に判断しますと、私の場合は、日本の方が、選択肢も多く、良い物を安く買えると言う結論に達したと言う事です。

また、靴に関しましては、論外でして、私は自分で足が甲高とか幅広とかは全然思いませんが、店で履いてみると、普段と同じサイズの物は、総じてキツイです。従いまして、サンダル、スリッパなどは、こちらでも良いと思いますが、革靴や運動靴は、日本人仕様の物を日本で買った方が正解であろうと思います。ただ、例外もありまして、SMやロビンソンの紳士服売り場の下着コーナーで売っている白いTシャツ(下着?)は、3枚でP40(約\800)ですが、これは、生地がしっかりしていて、かなり長持ちします。また、同じくショッピングモール内のワゴンセールなどで売っている厚手の靴下は、3足でP200(約\400)くらいですが、これも、なかなか良いです。

次に、「食」の部分です。私個人の意見としましては、食の部分で節約すると言うのは本意ではありません。それは、言うまでも無く、健康に直結するからであります。ただ、私の場合で申しますと、ここ1〜2年位は以前と比較して、ショッピングモール内のスーパーマーケットで買う物は、かなり減りましたし、必要最低限の物しか買わなくなりました。以前は、日本製の日本食材を結構買っていましたが、原油価格高騰で値上げされてからは、ほとんど買いません。従いまして、生鮮食料品は、全て市場で買います。市場で買い物をしますと、同じ1000ペソでも、スーパーとは違い、相当いろいろな物が買えます。昔、100円玉を持って駄菓子屋へ行くと、結構使い出があったと言う感覚に似ているかもしれません。何故、市場かと言えば、それは、安いと言う事もあるのですが、一番の良さは新鮮であると言う事です。麻生総理の失言ではありませんが、スーパーにおいて新鮮とは言えない物を高く買うか、市場で新鮮な物を安く買うか、どちらが得ですか?と言う事です。また、例の中国製毒入りギョーザ事件以降、食肉加工品(ソーセージ、ハムなど)や冷凍食品は、全く買わなくなりました。少し大げさでは?と思われるかもしれませんが、もし、万が一、アメリカ産牛肉のBSE危険部位などが混入しているかもしれない可能性を考えますと、とても買う気にはなりません。

次に、「住」の項目ですが、これは、人それぞれかなり違いますし、ここでは書ききれませんので、また、別の機会にお話ししたいと思います。
ただ一つ言えます事は、ロングステイでも移住でも、とにかく一番お金が掛かるのは、「住」の部分ですから、それさえクリヤーすれば、生活費は、電気代を、ある程度節約すれば、かなり安く上がると思います。

私は、以前より、日本人の方がフィリピンへいらっしゃった時は、ある程度贅沢をして楽しんだ方が良いですよと言う趣旨のお話をさせて頂きましたが、これからは、生活費を節約すると言う目的で、フィリピンへいらっしゃる方も増えてくるのでは無いかと、個人的には思っております。
最近、日本においても何かと暗い話題が多いですが、こういう時こそ、元気を出してプラス思考でいきたいと思います。


このレポートを読みますと、フィリピンのイメージがだいぶ修正されてきますねぇ。
posted by りさーち東京 at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン
結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】
CD&DVDネットレンタル通販ブロードバンドのDMM 獏組情報

2008年11月16日

フィリピン

フィリピンから届いている今回のレポートは長いので分けます。この方も知識豊かですから、このサイトを見られる方も読み甲斐があるでしょう。

相変わらずアメリカ発のNEWSはこれからどんどん有名どこの企業が倒れるだろうなという感じでどこの株が下がったとか、そんなのばかりだ。

日本だって10月の倒産件数が2005年4月以降最高だったという。

こんなヘビーな状況がフィリピンにあまり伝わってこない、僕の言う意味はまわりで倒産の話を聞かないのだ。

案外フィリピンへの影響はワンクッションおいてから来るのかもしれない。

しかしフィリピンのニュースで貸し渋りということについてあまりニュースで聞かないのはなぜか?

お金を企業が銀行から借りると利子が高いということもあって、ここではあまりお金を借りないのだろか?でも利子は10%以上だと思うからほいほい借りれないだろう。

ドルの定期だって銀行によっては6%とかついちゃうのだから。
ただフィリピン中央銀行の政策金利は基本的に米国のそれに追従した金利しかだせないけど、確認していないけど公定歩合は下げているはず。

僕の知り合いの日本にある会社とかは、環境関係のビジネス系の中国の工場と取引をやっているが、ヨーロッパの方からの投資が止まってしまい、中国との取引が一時的に止まってしまっいたりする。
日本と違って中国やフィリピンでは外国からの投資がストップしている状況だし、アメリカや日本がくしゃみをしたらアジアの国は風邪をひくというのはほんとだろ。


● お金をめぐる2つの価値観
お金への価値観についてフィリピン人をみていて、2つの種類があると気がついた。

1つはわりと日本人に近い。お金は稼ぐもの。

仕事なりサービスへの対価として支払われるもの。なにかの対価だから、お金がほしければ仕事なりサービスを他人に提供しなければならない。

もう1つの考え方は、お金はある人から無い人に与えられるもの。

それもお金をたくさん持つ人から持たない物に与えられる。そこにはお金を受け取るには、労働なりサービスを与えなければならないという概念が抜け落ちている。

たとえばカラオケなりなんなりで知り合った女の子が携帯のLoadがないから送って、と日本人のお客に言いこれを断ったときにクリポットと、と言ったりする。

無意識に話したクリポットという言葉にその人お金に対する世界感とどのような環境の中で育ってきたかというう価値観が現れている。

これはお金をとるためにジープでホールドアップしたり、銀行強盗をするタイプの人の価値観と同じだ。

お金を持っている人が無い人を助けるのは当然だとなる。

家族や親戚の間でお金の貸し借りや、お互いにお金のあるときに助け合うのならいいが、一歩家の外にでてそれをやると、なんだ、ということになる。そしてそれを計画的に見ず知らずの人にやると犯罪になる。

犯罪者とまでいかなくても、この手の考え方を持った家族で育った人と付き合うとお金に関する考え方が普通の日本人にとって理解しがたいものになる。

ましてや結婚相手がそういう風だと不幸な結果になる場合が少なくない。

では家族のメンバーが皆ちゃんと仕事を持てるような環境だと、そういう風にならないのか、そうはならないと思う。

同じフィリピン人でも前者の考えをもった人達はたくさんいて、お金は労働の対価として受け取るものと思う人達は携帯のLOADがなくても決してくださいとは口にださない。人から施しを受けるのを厭うから。

韓国はIMFから援助を受けていたが、借金を返してIMFの管理から外れたときにやったぞ、というニュアンスがあった。

それにくらべアロヨ大統領からして、先進国やIMFにどんどん借金、援助してください。いやそうするのが当然だ、という風に言う。

後者は明らかにプライドがない。そのへんがフィリピンのマレーシアやとか韓国あたりと決定的に違うとこだ。

最初の議論にもどってアロヨが国家単位でお金持ちの先進国に援助や借金を正々堂々と要求するのは、個人のレベルで言えば、自分で稼ぐことができない境遇の人が
お金を持っている人に携帯のロードをください。いや、くれないといけないんだ、と主張しているのと同じ類のことだ。

同じアジアの国でも援助をして自分で稼げるようになる国といつまでも援助に頼る国ができるのはこれは先進国がそう仕向けているからだ、という考えがある。

先進国は開発途上国の資源を搾取しているということだ。

僕の考えでは、結果的に外からみればそういう構図になっている。しかしそれは結果であって原因ではないと思う。

それは国内の政治、経済のマネージメントの仕方からしてそういう風になっているのが原因だ。

大統領はどうやって大統領として選ばれたのか?
政治家はどうやって政治家になるか?
地方の政治のリーダーはどのように大衆から支持を得て、統治しているのか、大衆はどういう性格を持った人たちなのか?
それはお金を持つ一部の人が貧しい人たちに施すスタイルだ。
それが大衆の代表として政治家になる。

まさにそれがフィリピンのスタイル。

個人レベルでお金を持つ人が貧乏な大衆にお金を施すのが当然、であれば金持ちの地元の権力者がバランガイ長やメイヤーになり。そういう風土で選挙を勝ち抜いてきた人だけが大統領になれる。

そういう大統領は昔から先進国のお金というものにたよって、その援助されたお金の一部をプロジェクトという名目で得て個人的に大衆を支配するための財力を得てきた。

この国は下の層から上まで同じメンタリティーで動いているから、警察官であっても、市役所であってもBIRであっても同じうようなお金と力の構造が見える。

では先進国に非はないのか、あると思う。先進国はそういう風にして、お金でフィリピンを属国化してきたのだ。

ただそれはフィリピンの大統領がその力=お金の構図から抜け出し、国としてのプライドを取り戻そうとすれば、そこから抜け出すことができるだろうが、彼ら自身の一族が昔からそういう風にして貧しい農民を働かして自分の財力を拡大してきたハシェンだの荘主であれば、お金を施すことによって、人々を支配するという先進国、開発途上国の関係にくさびを打つにはプライドと自己否定をすることだからなかなか難しい。

◇──────────────────────────────────◇
▼金の空売りを奨励する米連銀

COMEX金相場では、金地金の需要増に合わせて金を買う投資家もいるが、それ以上に、金を空売りして儲けている金融機関の動きが強い。実需より空売りが強いので、相場が下がっている。

米国では、連銀(FRB)が中心となって、金融機関に相対取引で金地金を貸し出す仕組みがある。金地金の貸出金利は、最近まで1%以下の低さだった。
米の銀行やその傘下のヘッジファンドが、この仕組みを使って金地金を借り、借りた金地金をCOMEXなどで売ってドルに替え、そのドルを使って利回りの高い投資を行う「金キャリー取引」をさかんに行った。(関連記事)

表向き、米連銀から金地金を借りている人々の多くは、金鉱山や宝飾店で、目的は金相場の変動をヘッジするためとされている。しかし、このほかに非公開の動きがある。

今年3月にGATA(Gold Anti-Trust Action Committee)という団体が発表したところによると、連銀は金相場の上昇を抑制してドルを防衛する目的で、非公式に米銀行に対して大量の金地金を貸し出している。
連銀が保有する総量3万トンの金地金のうち、半分以上が貸し出しされた状態になっている。(関連記事)

GATAは、連銀が金地金を秘密裏に貸し出して銀行に空売りさせることが全く行われなかった場合、金相場は1オンス3千ドルから5千ドルの水準になると分析している。

金が高騰すると、ドルから金への資金流出が起きて、ドルの信用が崩壊しかねない。連銀による金地金の貸出は、金相場の上昇を抑え、ドル崩壊を防いでいる。

連銀の貸出金利は昨年から下がりつつあるが、つい最近まで2%とか3%の状態が続いてきた。それに対して金地金の貸出金利(リースレート)は、最近まで1%以下(1カ月の貸出で年利0・25%)で、金相場が上昇していなければ、銀行は金キャリー取引をやるほど利ざやで儲けられる。

簡単にいうと米連銀が保有している金地金を1%以下の金利で貸し出すということは、株の空売りと似たようものと理解すればいいのだろう。

この場合連銀と地銀の間の相対取引なので現物の金自体は連銀の金庫から動かない。

連銀から金塊を金利を払って借りて市場で売りその資金をもっと儲かるヘッジファンドなどに投資するのだ。そして金利以上に儲けたら利子をつけて連銀にお金を返すのだ。

例えば1オンス700ドルとして1オンス分の金を借りようと思えば、最後に1%の7ドルの金利を加えた707ドルを払うという約束をすれば、連銀の金庫にある1オンスの金を持っているという権利を得られ、それを市場で売れるということなのだ。それを市場で700ドルで売ってそれをヘッジファンドに投入する。ヘッジファンドが3%のリターンを生み出すとすると3−1=2%が地銀の利益だ。

平たく言えば700ドルの資金を707ドルで借りれるということ、つまり日本が超低金利政策を行った5年間の間に世界中の金融各社が1%以下の金利で円を借り、その資金を1%以上の利回りのでるヘッジファンドに投資したのとまったく同じこと。

細かくいうと911以降低金利政策をとってきたのは日本の中央銀行だけではない。アメリカもそうだ。グリーンスパンなんかがだ。そうやって金利を低くして(それはインフレ抑制のためという名目で)市中にお金をあふれさせて誰でもお金を借りれるようにしちゃった、これが今回の問題の元凶だ。

posted by りさーち東京 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン
結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】
CD&DVDネットレンタル通販ブロードバンドのDMM 獏組情報

2008年08月23日

オリンピック事情(フィリピン)

先ずは、オリンピックの話題からですが、フィリピンは、残念ながら、出場種目もごく僅かですから、フィリピン国内においてのオリンピック・ムードは、限りなくゼロに近く、大半の国民は、オリンピックがどういう物かと言う事も良く知らないのでは・・・と思います。

フィリピンの場合、アメリカなどの先進国へ移住している人も多いので、将来的には、いくつかの個人競技に出てくる可能性もあるのかな?と思いますが、やはり、政府が、海外出稼ぎ労働を奨励している国においては、愛国心は、芽生えないと思いますし、移住先が先進国であれば、永住権を取得するでしょうから、フィリピンにおいて、オリンピックは、永遠に、別世界なのかもしれません。

今回のオリンピックでは、とにかく、メダルを奪取する国の裾野が広がった事が大きな特徴であったと思いますし、また、一定の種目を除いてですが、日本の国内チャンピオンと世界標準のレベルが、ますます開いているような感じを受けました。ただ、日本の場合、オリンピックでメダルを取ったからと言って、一生、生活が保障される訳ではありませんし、むしろ、生活環境としては厳しい中でトレーニングをしてきている人が多い訳ですから、そういう事を総合的に考えると、日本選手は本当に良く頑張っていると思います。

今回のオリンピックに関して、私が思った事として、日本選手は、今までは、体格のハンディを練習量でカバーしてきた訳ですが、種目によっては、あきらかに技術の差が出てしまっているので、もう、これからは、メンタルのトレーニングと、いかに効率的に技術を習得するかと言う事のように感じますし、「気合だ〜」などと言う時代は、とっくに終わっていると思いました。

posted by りさーち東京 at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン
結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】
CD&DVDネットレンタル通販ブロードバンドのDMM 獏組情報

2008年07月24日

フィリピンに住むある日本人より

今回は、私が日本へ一時帰国して、感じた事などをピックアップしてお話ししたいと思います。

まずは、日本へ行く時の飛行機の話です。それは、6月中旬の話ですが、マニラ発成田行きのJALに搭乗したのですが、私の見た感じでは、全座席の1割ほどしか乗客がいませんでした。マニラ発成田行きで、これほど乗客が少ないと言うのは、私も、過去に経験がありません。やはり、原油価格高騰による燃油サーチャージの値上げが響いているのでしょうか。私は、自分で座りたい席がありますので、通常、空港へ早く行ってチェックインするのですが、今回、それは、無意味な行為であったようで、乗客のほとんどの人は、3つの座席を独占できましたので、結構、横になっている人が多かったです。

それと、もう一つ付け加えさせて頂きますと、JALのマニラ発成田行きの機内食は、最悪でした。経費を削減しなければいけないと言う事は理解できますが、あれは、ひどすぎると思います。私は、それほど味にうるさい訳では、ありませんし、機内食に期待するような事もありませんが、あれほど貧弱になっているとは思いませんでした。

今後、格安航空会社が参入してきたりした場合、JALのマニラ路線撤退
などと言う事も有り得るのかもしれません。その後、私は、数日して、ハワイへ行きました。本当は、マニラから直行しても良かったのですが、JALですと到着時間が早過ぎるなどの関係で、ANAで行きました。ハワイにつきましては、また、別の機会にお話ししたいと思います。

話は変わりますが、ここで日本の物価の話をしたいと思います。私は、日本へ行く前に、フィリピンで日本のニュースを観ておりましたので、原油価格高騰により何から何まで値上げしていると言う潜入観を持って、日本へ行きました。その結果は、どうかと申しますと、私が想像していた程、値上げされていないのでは?と言うのが、正直な感想です。と申しますのは、日本の大型スーパーへ行きますと、各製品において、特売品やセール品が必ずある訳でして、また、そのスーパーの独自ブランドなども、相当価格を抑えているなあと言う感じがしました。

ただ、今、買い物をする時、一番注意すべき事は、やはり、食料品において、中国製なのか?そうで無いのか?と言う事と、もう一つは、牛肉を食べるのか?食べないのか?と言う事であると思います。一つ面白い話があります。
私は、今回、家から程近い横浜駅近くの吉野家へ一回行きました。その日は、物凄く暑くて、吉野家の前の鰻丼の看板に魅せられて、何も考えず中に入りました。その時は、もう、鰻が食べたくて、中国製ウナギでも何でも良いか・・・と言う感じで、「鰻定(うなてい)」を注文しました。そこで、店内を見渡すと、7〜8人のお客さんが座って食べていて、食べ終わった人が、料金を払う時に、店員さんが、「豚生姜焼き定食と野菜サラダで○円になります」などと、大きい声で言うので、その人が何を食べたか全て分かる訳です。

そこで、驚いた事は、牛丼を初め、牛肉のメニューを頼んでいる人が一人もいなかったと言う事です。これは、紛れも無く、BSEの影響を恐れての事であると思いますが、まさか、ここまで徹底しているとは思いませんでした。もちろん、用心するに越した事は無い訳でして、20年後、突然、認知症になるかもしれないと言う事と偽装ケースを考慮した場合、やはり、牛肉は避けた方が賢明なのかもしれません。

最後にゴルフの話です。今回、日本で一回ゴルフをしました。場所的には、茨城県の霞ヶ浦の北側辺りでして、千代田石岡インターから30分位の場所にある白帆カントリーです。この日は、早朝から快晴で、暑くて暑くて、フィリピンの5〜6月の炎天下に匹敵する暑さでしたが、フェアウェイやグリーンの状態は最高で、友人達と楽しいゴルフが出来ました。

例年ですと、この時期のフィリピンは、雨季で、毎日スコールが来るはずなのですが、今年も、異常気象なのか、毎日快晴の日が続いております。


posted by りさーち東京 at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン
結婚情報ピュアアイ【今すぐ無料エントリー】
CD&DVDネットレンタル通販ブロードバンドのDMM 獏組情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。